西ノ島のなめ味噌-01

風光明媚な島で、牛を育み母として暮らす

日本海に浮かぶ島根県隠岐諸島。島前と島後で構成される群島の一つ・西ノ島は高さ257mの摩天崖と国賀海岸の絶景の中で、日本で唯一牛の昼夜放牧がされる牛の島という顔も持つ。

日本海に浮かぶ島根県隠岐諸島。島前と島後で構成される群島の一つ・西ノ島は高さ257mの摩天崖と国賀海岸の絶景の中で、日本で唯一牛の昼夜放牧がされる牛の島という顔も持つ。

本州から大型フェリーや高速船で別府港に到着し、島内の山間の道を車で巡った先で眼の前をノソノソ歩く牛の姿に驚くしかない。

「いや、こんなの当たり前ですよ〜 これで驚くようじゃ島に住めないですよ(笑)。私たちにとってはいつものことなんです」と話してくれたのは小松倫世さん。

同じ隠岐諸島・島後の隠岐の島町で肥育牧場を営む家の長女として生まれ、現在はご主人と子どもたちと共に日々の生活を愉しみながら、カフェ・ゲストハウス運営、和牛5頭の繁殖農家としてこの島に暮らす。


<小松倫世さん・プロフィール>

島根県隠岐郡五箇村(現在の隠岐の島町)出身。

幼少期を実家の牛の世話や稲作農業に携わりながら過ごす。看護師としての活動を経て、出産を期に2008年に隠岐へUターン。

2009年西ノ島に移住。福祉施設併設の保育園で働きつつ、自家菜園や牛飼いといった手づくりの暮らしを追求。子どものための地域づくりを考え続ける中で、島に点在する資源や人の手で培われてきた伝承食文化といった島の魅力を伝えることを決意。


「私の実家は牛の肥育牧場で、ここで生後2年半から3年程度になるまで育てて、市場に出荷するまでが仕事なんです」と語るように、今も静岡生まれのご主人とともに島の一角で放牧牛の世話をしている。

「小さいときから牛の世話や農業の手伝い、あるいは実家の会社で働く社員の方たちに、母が料理を大量に作る姿を見ていました」

今、子育てにも励む母親としての倫世さんの目に映るのは、幼き日の母親の背中。だから料理が何よりも大好きになった。

島外に出て看護師として活動していた倫世さんは結婚を期に島にUターン。道を歩けばコンビニに当たる都会の環境とは真逆の島だからこそ、「市販のスナック菓子よりも自家製のお菓子を食べてほしいので、自分でケーキを焼いたりしてますよ」と手作りの味を大切にしている。

食文化の伝承拠点は、島の集いの場

隠岐で生まれ育った倫世さんが島外に出て感じたものは、西ノ島に培われてきた資源や、人の手で培われて伝承されてきた食文化といった島の魅力。それを多くの方に伝えたいと決意するのは、倫世さんにとって当然のことだった。

「隠岐に戻って牛を育てながら色々な仕事をしているうちに、『それをどのように実現すべきか?』とやり方を考えていたんです。そんなタイミングで私が暮らす大山地区の集会所として使われてきた建物を、借りることができたのは大きな転機でした」

島の最高峰・焼火山(たくひさん)の麓に位置する大山地区で100年近く使われてきた古民家。そこは人が集うにはうってつけの場所だった。

「古民家を改装してカフェのように気軽に多くの方が立ち寄ってもらえる場所を作り、そこで伝承料理のワークショップもしよう!と決めたんです。『あ、あの集会所を使うんだね。がんばってね』って、特にここに暮らすお年寄りの皆さんに声をかけてもらったことがすごく嬉しかったですね」

高いモチベーションで取り掛かったリノベーションは「天井を剥がしたり、床板を貼り直したり。家族総出で取り組んだんですよ」と約8ヶ月に渡り、2018年4月に夢の拠点となるお店<TAKUHI.>がオープン。「この地区への敬意を表したかった」という店名の下には-Cafe&Lifestyle-というコンセプトワードが付されている。

「大山地区をはじめ、西ノ島の魅力を多くの方に知ってほしいのはもちろんですが、特に島の暮らしぶりに触れてほしかったんです」

「大工さんが『立派なものが残っている』と驚いていた」という外観の模様を目印に中に入ると、高い天井と「集会場の囲炉裏の場として使っていた」という囲炉裏がお出迎え。「火は入れてないんですけどね(笑)」と話すが、その存在は人が集う場所としての使命のシンボルとして、静かに燃えているかのようだ。

店内の大きなテーブルや座布団、料理を盛り付けるお皿などには、「古民家にあった建具とかで使えるものはそのまま使って、このお店を始めることが決まったときに『もしお店で必要だったら使ってほしい』と集まったものを使っているんです」と、島に暮らす人々が共に長い時間を過ごしてきたものが使われている。

いわばここは島のリビング。だから居心地よく、すぐそばにある大山の海を眺めていると時間を忘れてしまう。そんな空間で供される料理の食材は、島どれの魚や野菜、お米が中心となっている。

「海で釣った魚や畑で採れた野菜、あるいは山に生えているしいたけだったり。島の食文化は他の食材を使わないことで培われてきたものです。そうした食材を中心に料理を作って提供することがお店の役割です」と語る。

もちろん料理に欠かせない加工品もお手製だ。

「例えば梅干しはみきこおばちゃんから習ったもの。島の料理の先輩に教わりながら色々と作っています」

四季折々の食材に一番明るいのは地元のお母さんたち。そんな食材で家族のために作るごはんが一番おいしい。島の家庭の味に価値を見出しているからこそ、作り方を習って一つ一つ丁寧に加工品を作っている。

その一方で「元々、実家で栽培しているハーブを使ったハーブソルトという商品があるのですが、今この島や島後で採れる山椒を使った塩を開発中なんです。お茶も島で古くから飲まれている『くろもじの花茶』を作っていて、喜んでいただいてます」と、新しいチャレンジも欠かせない。

古き良きものの価値を見出し伝えつつ、島にとっての新しい活力の源となる商品も開発する。そんな倫世さんが一番大切にしている郷土料理がある。

次ページ:「島生まれ、食卓育ち。それが西ノ島の「なめ味噌」」へ