乾き物としてお馴染みの、むしった干し鱈。これに生卵を和えた料理がたらたまです。

元々は卵も干し鱈も貴重だった時代、農家が農作業を手伝ってくれた方に対して作ったもてなしの一品。それでいてお酒のおつまみにもなり、ごはんのおかずの顔も持つ万能選手。

主に味つけされていない干し鱈を使いますが、身を全て生卵に浸した味と鱈の身を生卵につけながら食べる味とで、意外に大きな差があるのもこの料理の面白さです。