全国の料理遺産

日本ふるさとごはん協会では、全国各地の農村漁村を中心に育まれてきた、気候風土や調理法といった土地ごとの特色が凝縮された料理を、地元で作り育んできた皆さんや自治体等と一緒に「料理遺産」として認定。地域に対する関心のきっかけとなるコンテンツとして、色々な活用をしています。

“おうち”のふるさとごはん

【ばっけみそ/青森県】山の香りが食卓に春の訪れを告げる

春山を彩る山菜・ふきのとう。爽やかな香りに包まれた味噌の味は、ちょっとだけホロ苦く大人の味。それでも...
“おうち”のふるさとごはん

【いかにんじん/福島県】もしかして福島で一番有名な伝承料理!? 目に鮮やか、イカの旨味ぎっしり

今やその味がポテトチップスのフレーバーにも採用。福島県内の飲食店はもちろん、お土産屋さんやスーパーの...
“おうち”のふるさとごはん

【みそじゃが/福島県】おいしさの秘密は味噌ダレと「までい」な気持ち

収穫時に野良芋と呼ばれ、捨てられていた小さなじゃがいも。そんな野菜の命も無駄なく食べるために生まれた...
“おうち”のふるさとごはん

【引き菜炒り/福島県】常備菜からお正月の餅の味つけまでどんと来い!これが阿武隈の食卓の名バイプレーヤーです!

大根やにんじん、油揚げを千切りにした『引き菜』を炒めて、醤油で味付けたのがこの引き菜炒り。昔は醤油で...
“おうち”のふるさとごはん

【青森県】これが津軽の年取り魚!真鱈で作る冬のごちそうたち

12月、陸奥湾で漁が解禁されるのを皮切りに、青森に冬の訪れを伝える魚・真鱈。脂が乗った真鱈が陸奥湾に...
“おうち”のふるさとごはん

【みょうがの田楽/青森県】鮮烈な香りと独特の風味を、香ばしく味噌に纏わせた郷土の味

一般的には薬味として使われることが多い夏野菜・みょうが。ですが、津軽に来れば夏に欠かせない一品料理の...
タイトルとURLをコピーしました