【みょうがの田楽/青森県】鮮烈な香りと独特の風味を、香ばしく味噌に纏わせた郷土の味

“おうち”のふるさとごはん

一般的には薬味として使われることが多い夏野菜・みょうが。ですが、津軽に来れば夏に欠かせない一品料理の主役に早変わり。

串に刺した大きなみょうがをじっくり炙って、表面に味噌を塗ったらこんがり焼ける音と香りが届いたらできあがり。

水分が飛んで香りと風味が凝縮されたみょうがの歯ざわりと、味噌のコクの組み合わせ。これが津軽の夏の風物詩です。

タイトルとURLをコピーしました