【いがめんち/青森県】焼きがルーツのイカへの愛と知恵が生んだ無敵の惣菜

“おうち”のふるさとごはん

かつて、日本海で水揚げされた新鮮なイカは、弘前のような津軽地方の内陸地方では貴重な海産物でした。

わざわざ海から運ばれてきたイカは、身はお刺身で食べたり飯ずしを作る家庭が多かったと言いますが、当時は冷蔵庫がなかった時代。残ったゲソをおいしく食べる方法が切望されていました。

そこで生まれた料理がこの一品。イカのゲソとタマネギを細かく刻んで片栗粉の生地に混ぜ込み、当時貴重だった油を使って焼いたことで、保存とおいしさ、そして素材を大切にするという思いが結実しました。

そんないがめんちの調理法、発祥は焼きですが近年では油が身近な調味料になったこともあって、揚げいがめんちが主流になりつつあります。

それでも、ゲソの美味しさやイカの季節へのこだわりは変わりません。家庭ごとに違った味がある定番惣菜として、今日も食卓で食べられています。

タイトルとURLをコピーしました